城井のひとり言

今日も終わり落ち着いたところです。

お客さんと話していて、不動産屋はこれからどうなるのかで盛り上がりました^_^

・不動産屋は多すぎる

確かにいま多すぎます😓

コンビニまでは行きませんが、ありすぎるのでお客さんは不動産選びで大手だったり広告物で決めますが、実際に不動産を探す人が毎年減少しているんですよね😅

理由は簡単です。

高齢者が増えて若年層は所得が低く実家暮らしや、未婚者も増えているのが現実です。

なので不動産屋は飽和状態になるわけです。

あと高齢者が増えているということは、空き家が増えて困る現象も出ます。実際に日本では65歳以上が約3,621万人で5年後には4,000万人になる勢いです。

そして日本の人口も毎年減少中。

岡山県も同じで28%が高齢者です。

人口統計を見るとデータで未来予測も現在もわかります。

なので今後はAIで契約・物件管理が行われて、見学も動画・VRなどで終わり、現地見学もお客さんが自分で見に行くスタイルになりそうです。

実際に不動産屋の営業マンはいらないかなと私は感じております。

不動産の時間の無駄は営業の時間なんです。

案内に行く時間・接客は不要です。

実際に物件の問い合わせは無味無臭なやりとりが多いですからね。

お客さんは資料・写真・動画など気になるお部屋・土地・建物の内観や設備などに興味があるだけです。

不動産屋には興味がないんです。

意味があるのは失敗しない方法の情報や悩み解決情報です。

不動産屋もですが他のサービスでも不要なポストは消されていくでしょうね。

※昼に少し休憩中