「メゾネット」ってどんな家?

今回はお部屋のタイプでメゾネットのお話です。

メゾネット」の言葉の意味は、もともとフランス語で「小さな家」を意味する「maisonnette」が語源になります。

一般的に集合住宅で内階段があって、2階以上の階層がある物件がメゾネットと呼ばれています。アパート・マンションのような集合住宅ですが、戸建てのように利用できるのが特徴で人気です。。物件によっては、最上階だけの一部のみをメゾネットにしているタイプもあります。

メゾネットは上下階をつなぐ内階段があります。また、2F部分が居室になるので天井までの高さ・窓に制限がない。吹抜けや開放的な空間のデザインです。

例えば、下の写真・間取りのようなお部屋が賃貸ではメゾネットタイプといいます。

内階段のタイプです。

いま多くの賃貸アパートはこのタイプで3階建てまでが主流で多く建設されています。

メゾネットタイプのメリット・デメリット

メゾネットに住むメリットは、

ワンフロアタイプのマンションやアパートと違って、戸建てのような居住スペースが分けることができます。そして、普通のアパート・マンションと違い、踊り場がないので人の接触が少なくストレス軽減にもなります。あと内階段があるので居室が隣室と接する壁面が少なくなるメリットもあり、音漏れが少なくなります。下駄箱も大きくスペースをとれるので収納スペースが安心です。

メゾネットに住むデメリットは

内階段の昇降する足音が1Fの部屋に響きやすいこと。階段の昇降が面倒だということです。

お部屋を検索の際は色々な部分を見て確認しましょう♪

おわり