隣人とのトラブル問題

最近は本当に住民同士のトラブルが多く、困っている方が多いです!

そうならないためには部屋探しをする際には隣人を確認しないとダメです。部屋探しの段階で必ず確認するのが一番いいです。

隣人を確認する方法

①共用部分を確認・・・・

廊下にゴミは落ちていないか?駐輪場はキレイなのか?ポストは整理されているかを確認。

②物件の外からバルコニーを見る・・・・

バルコニーを見て、カーテンや洗濯物から性別を判別します。土日祝日は仕事の休みの方が多いので作業着・制服を干しているので業種・職種が分かったります。

③室内の壁面を確認・・・・

壁面が隣室と接している部分を確認して寝室・リビングに音が響くのか確認。

④床を確認・・・・

床がフローリングならクッションの入った防音タイプなのか?それともコンクリートで大丈夫そうなのかを確認。

⑤バルコニーから眺望・周辺環境・隣室を確認・・・・

バルコニーから見える建物・隣室のバルコニーを少しのぞいたりして入居者の洗濯物・カーテンを見る。あとバルコニーに荷物が多いのは注意です。変わった人が多いので。

⑥駐車場を確認・・・・

変な車や怪しい車がないかを確認して入居者層の質を確認。

⑦物件の近くにある道路を確認・・・・

交通量や渋滞しそうなのか?一方通行や時間指定一方通行などの規制があるのか?通学路で子供が多いのか?国道・県道で大型車の通行が深夜にあるのか?

⑧線路を確認・・・・

JRなどの列車が近くを走っているのか?車両の集積所があるのか?貨物は通るのか?

⑨工場・病院・施設を確認・・・・

入居して工場からの匂いや目に付いたら嫌な心理的に厳しい施設がないかを確認することが必要です。

不安の可能性がある限り、色々な方向から物件と周辺を調査して部屋を契約するとかなり安心なのでお勧めします。