今回はワタリガニを釣りに行ってきました!

ワタリガニ釣りと言えば投げ釣りです。

カニ網やカニカゴを投げる方法になります。かなり体力勝負になりますけどね。理由としては複数の投げ竿を遠投するためです。

仕掛けは

  • 投げ竿
  • リール

仕掛けはかなりパワー系なので下手な仕掛けだと竿が折れたり糸が切れるので注意して下さい。仕掛けのバランスを取ることが大切です。カニカゴタイプだとなお強度のあるものを使うと良いですよ。

持参して便利なグッズ

  • 輪ゴム
  • 厚手のゴム手袋
  • バッカン又はバケツ
  • 保冷剤
  • 新聞紙
  • クーラーボックス
  • タオル

餌を確保

スーパーでアジサンマを餌に確保するか釣るかすると良いですよ。

私は釣ったり買ったりですが

今回は昼は適当にサヨリを釣ってカニ餌を確保^_^

秋のワタリガニは釣りやすい!?

秋のワタリガニは泳いでメスを探して繁殖活動をするので高確率で取れます。

20分ごとに仕掛けを投げて回収を繰り返して、数を取る感じですね(^O^)

あとカニ網の場合は引っかかって網を外すのが大変ですけど、取れた時は嬉しいですよ!

1回ごとの時間コストが高い釣りなので魚も釣りながらするのがおススメです。

重さを感じたら釣れている証拠ですのでグイグイ巻き上げます。

あとカニは1匹ごとに輪ゴムで手足を縛ると持ち帰り便利です。そうしないとカニ同士で挟み会いになり大変ですよ。厚手のゴミ手袋を持参しないと指が千切られそうになるので注意が必要です。

ある程度釣ったら帰宅するぐらいがちょうど良いですよ!あと満潮後は釣れにくくなるので引き上げ時です。

無理せずに釣って楽しむのが良いですね^_^

釣果と持ち帰り方法

今回は20杯取れたので引き上げました。小さいのは逃して良い感じです。今回取れたのはイシガニとワタリガニです。

あと持ち帰る際は一番下に保冷剤を入れて新聞紙を敷いてカニを並べて、その上に海水で濡らした新聞紙を被せます。保冷剤を入れますが保冷剤がカニに当たらないようにして持ち帰ります。そうしないとカニが死んで体液を出し臭くなるからです。あと1日ぐらいは生きています。

海水に入れて持って帰ろうとする人もいますが酸欠になって死ぬますよ。

帰宅後の夜に調理しました。

 

料理バリエーション

色々と作るのが好きなので過去に作った料理の写真も貼り付けましたので参考までに。

ちなみにヤンヨンケジャンはすぐ食べられるのでいいですよ。

蒸しカニ

ヤンヨンケジャン

カンジャケジャン

カニ汁